この記事は約5分で読めます

日本の技術は日々進化しています。私たちを守ってくれる法律も、日々進化している事をご存知ですか?ここではガスに関する法律のお話をちょこっと紹介していきます。

法律が私たちの生活を守っています。

 

温度センサー付き(Siセンサー)のコンロに2008年10月法制化

家庭用コンロによる火災は調理油加熱によるものや消し忘れによるものが多数を占めています。それらの事故を防止する為に2008年10月に全口安全センサー付きガスコンロ以外は製造と販売が禁止と法制化されました。

法制化でコンロがどう変わる?

コンロに搭載された様々な安全機能

コンロに搭載された様々な安全機能

安全センサーにはいくつかの種類と段階があります。

【ガス事業法で法制化された安全機能


1:調理油過熱防止装置(鍋底の温度が約250度になると消火する)


2:立ち消え安全装置(調理中に立ち消えたとき消火する)

【日本ガス石油機器工業会自主基準の安全機能にはこの2つに加えて】


3:早切れ防止装置(過熱防止装置で早切れしてしまうのを防ぐために、手前2口のバーナーに「ハイカット温調機能」を搭載し、調理中250度になると、一旦小火にし温度調節を始め、フライパンの予熱のし過ぎや炒め物で温度が上がりすぎた時でも途中で消火することを防ぐ機能)


4:消し忘れ消火機能(消し忘れたままで一定時間を過ぎると消火する機能)を加えています。

【この4つの安全装置に加えて、メーカーの任意による安全装置として 】


5:鍋無し検知装置(鍋をのせていないと点火できない)


6:焦げ付き消火装置(調理中に焦げ付き始めると自動的に消火する機能)を推奨しています。

ガス消費量が一口5.8kW(約5,000kCal)以下で、コンロバーナーとグリルバーナーの総和が14kW(約12,000kCal)以下のものや、オーブン付きガスレンジの総和が21kW(約18,000kCal)の家庭用ガスコンロ・ガスレンジには、PSマーク付きが適用されています。
ですが、業務用コンロのシールの貼られた業務用コンロにはこの規制は適用されていません。
なお、一口のカセット方式を含む卓上型コンロには立ち消え安全装置だけが必須となっています。

ジブリ飯といえばニシンのパイ(´・ω・`)!!石窯・オーブン・ガスコンロ
日本を代表するスタジオジブリ。そんなジブリ作品に登場するジブリ飯や紅の豚でおなじみの飛行艇の燃料事情について紹介していきます。 ...

「Siセンサーコンロ」

さらなる安全性向上を図ったコンロも

さらなる安全性向上を図ったコンロも

「Siセンサーコンロ」は、法律で設置が義務付けられている安全装置に加え、さらに「消し忘れ消火機能」・「早切れ防止機能」を追加し、便利機能として「自動炊飯機能」や「油温度調節機能」等を追加した最新型のガスコンロです。
2008年4月の標準化以降、その出荷台数は順調に増加し、2010年12月には1,000万台を突破しました。
Siセンサーコンロの普及により、ガスコンロによる火災件数は減少傾向となっています。これに加え業界では、「消し忘れ消火機能」(グリルの火を消し忘れても、一定時間で自動消火)・「炎あふれ防止機能」(グリルの排気口から炎が出ることを抑制)または、「過熱防止機能」(センサーが庫内の異常な温度上昇を検知し自動消火)のいずれかの搭載を自主基準化し、さらなる安全性向上を図っています。

Siセンサー付きのガスコンロは電池の消耗が早い?

Siセンサーは電池を使って様々な安全機能(油の温度や鍋底の温度など)を作動させているので電池の消耗が早いのです。
電池の交換時期を知らせるランプが点灯していなくても点火してすぐに火が消えてしまう場合などは電池の残量が少なくなっている可能性があります。電池交換の際は、新品と旧品を混合して取り換えるのも良くありません。又、新品と交換しても買い置きしたものだと経過年数によっては自然に放電していて電池残量が少なくなっている事もあります。古い乾電池は液漏れをし器具を傷めてしまう可能性もあります。電池残量が少なくSiセンサー付きのコンロでは使用できなくても電池の消費量が少ない懐中電灯などでは使用出来る事もあるのですぐに捨てずに試してみてはいかがですか?

~電池の消耗を少なくする為には~


五徳の上に物(鍋・フライパン・ケトル)を置きっぱなしにしない➡物があるとSiセンサーが常に作動し電池を消耗します。コンロを使い終わったらすぐに電源を切るなど少し気を付けるだけで電池の消耗を抑えることが出来ます。安心と安全のために開発されたSiセンサー付きコンロです。上手にお付き合いをして安心・安全なガスライフを・・・
【外部リンク:ガスコンロの電池消耗対策 家づくりの手帖】

ガスコンロによる火事の件数が半減

ガスコンロが原因の出火は、2007年と2014年を比較すると

2007年 6,080件 → 2014年 3,484件

ガスコンロが原因の出火件数

上記のように、法律で安全基準が規制されてから約6年で半減していることがわかります。
Siセンサーが付いていない古いガスコンロを使っている家庭もまだまだ多いかと思いますが、法律での規制による効果は十分に出ているのではないでしょうか。

火事のリスクを減らす

大事な家・ご家族を守る為にも火の扱いに十分注意し、安心安全なガスライフを。

大事な家・ご家族を守る為にも火の扱いに十分注意し、安心安全なガスライフを。

自宅が火事で焼けるのも大変ですが、さらに隣家・隣の部屋にまで被害が及ぶと悲惨です。
人命はもちろんですが、大切な家・家財が焼失すると他人への賠償責任まで負うことになります。
ガスコンロの火を消し忘れて火事を起こした場合は、「重大な過失」に該当し、賠償責任を負うことになるそうです。 火災のリスクを少しでも減らすことができるよう、消費者もガスコンロの取扱いに十分注意しましょう。
またご自宅のガスコンロが古く、安全装置がついていないガスコンロをご使用されている方は、新しいガスコンロの購入されることも火災を防げる一つの策かもしれません。

大事な家・ご家族を守る為にも火の扱いに十分注意し、安心安全なガスライフを過ごしください。

保安に関する内容を詳しく知るなら
【外部リンク:LPガス安全委員会】

ご自宅の給湯器が設置されている場所をご存知ですか?
【お湯が出ない】【お湯の温度があがらない】【追い焚きができない】など不調が起きたときに給湯器がどこに設置されているのかわからな...

ビルトインコンロ購入事例

先日、我が家にビルコン(ビルトインコンロ)が納品されました。
10年以上使用していたコンロの魚焼きグリルが崩壊したので、ようやく決心して買い替える事にしました。(ガス屋さん泣かせと言われたが・・・長持ちしすぎ?)
今までのは、五徳が大きく掃除も大変だし、魚焼きグリルは水入れなきゃいけないし、片面焼きだからサンマなんてひっくり返すとかわいそうなサンマになっていました。(グチャグチャ状態・・。)

いつもの顔見知りのガス屋さんだからお家にきてもらっても勝手知ったる・・・・で小一時間程で交換作業完了!

今、はやりの「ガラストップ」という天板を使用したものを奮発して購入!(お財布が痛いけど‥。)営業マンから「掃除も簡単ですよ」…と説明を受けましたが、最初は信じていませんでした”(-“”-)”
しかし、使用してみると、「ガラストップってスゴイ!!」使用後すぐに拭き取れば、嫌な油汚れもすぐ落ちる。人の話は素直に聞いて正解でした。

最新式のコンロの機能がスゴイ!
魚焼きグリルでパンもピザも焼けちゃうし、水無しグリル(念願の)にしたから面倒臭くないし!おまけにコンロでご飯も炊けちゃう♪ ご飯は自動で炊き上がったら火を消す機能もついていて、おっちょこちょいの私にはつけっぱなしにしちゃう心配もないから安心。
しかも20分位で炊き上がるから電気炊飯器より早いし、今までより朝寝坊しても大丈夫!!昔の「はじめちょろちょろなかぱっぱ」を自動でやってくれるなんて感激。そして、すごく美味しい~(^^♪

これからも、まだ使ってない機能(ダッチオーブンとか)があるので新しい料理に挑戦してご紹介したいと思いま~す。

ガスコンロの事でお困りの方はこちらをご参考下さい。
【外部リンク:ガスコンロ全般についてのFAQ リンナイ】
【外部リンク:よくある質問(Q&A) パロマ】

まとめ:ガスコンロ火災を減らそう

最新のガスコンロ(Siセンサー付き)の普及により生活がより便利に安全に使用出来るようになりましたが、まだまだガスコンロ火災は起きてしまっているのが現状です。
いくら法改正で、規制をし便利で安全なガスコンロが発売されたとしても、消費者が使用方法を誤ったり、間違った使い方をしたのでは元も子もありません。「自分は大丈夫!」ではなく「火災が起きないようにしよう」という気持ちを持つことが大切ですよね。火をつけたら目を離さず、その場から離れないなど少し気にかけて行動するだけで【ガスコンロ火災を減らす】ことができるのではないでしょうか?
くどいようですが、大事な家・ご家族を守る為にも火の扱いに十分注意し、安心安全なガスライフを過ごしください。