この記事は約5分で読めます

引越しをする際には、さまざまな手続きが必要になります。
その中でも「プロパンガスの利用停止(閉栓)手続き」そして「プロパンガスの利用開始(開栓)手続き」は分かりにくい部分ではないでしょうか。

「プロパンガスの利用停止(閉栓)手続きをするための電話番号が分からなかった」「引越し先でプロパンガス利用開始手続き(開栓)の電話番号が分からなかった」という経験をお持ちの方も多いかと思います。部屋の解約手続きは済ませたけれど、ガスの閉栓手続きを忘れ、新居と元の住居の2軒分のガス料金を支払うはめになってしまったという経験をされた方がいらっしゃいます。

そういった事態を防ぐためにも、事前にプロパンガスの利用停止(閉栓)方法、利用開始方法(開栓)をしっかりと把握しておきましょう。また、引越しの前後はどうしても忙しくなってしまうので、事前に然るべき手順を把握しておけば、安心ですね。

そこで今回は、プロパンガスの利用停止(閉栓)手続き・利用開始(開栓)手続きの方法や、立ち会いをする際の注意点、プロパンガス解約時の注意点などを詳しくご紹介していきます。

引越しをスムーズに進めるためにも、ぜひこの記事を参考に、プロパンガスの利用停止(閉栓)・利用開始(開栓)の手続き方法を確認してみましょう。新居でプロパンガスを契約する際の検討材料にもしていただけるきっかけにもなるはずです。

【転居時の利用停止~開栓まで】電話受付を利用した一連の流れと注意点を紹介

電話受付を利用した利用停止(閉栓)手続き

ガス 引越し 連絡
そもそも、プロパンガスの利用停止(閉栓)手続きを行う場合、どのように行えば良いかご存じでしょうか?
プロパンガスの利用停止(閉栓)手続きは電話で申込みを行うことができます。転居当日にガスを閉栓し、その日までの使用量をその場で精算するガス会社がほとんどです。立会い精算になるので日程には余裕を持ってガス会社に早めに連絡をしましょう。

ここで一つ、電話受付を利用する際のポイントをご紹介します。電話連絡を行う場合は、以下の点に注意しましょう。

  • 引越しに1週間前までにはガス会社に転居を伝え立会い日時を決めましょう
  • ガス料金の精算や預かり保証金の返金方法を確認しておく
  • 連絡内容をあらかじめメモしておく

電話受付を利用した利用開始(開栓)手続き

プロパンガスの利用開始(開栓)手続きについて確認していきましょう。手続きの手段としては利用停止のときと同じで、「電話」で開栓希望の日時を告げ立会日・時間を決めておきましょう。この場合も1週間前位までには連絡をしておくと希望日時で開栓が可能になるでしょう。(入退去が重なる時期は直前の連絡だと希望日時に開栓出来ない場合も・・・)
事前に確認をしておいた方が良いポイント「ガス料金」「ガス料金の支払い方法」「使用する予定のガス器具の規格」などです。ガス器具はガスの種類を間違えるとそのままでは使用できないので注意が必要です。
ガス 開栓 事前に確認
電話で連絡をする際は、以下の2点に注意しましょう。

  • 開栓希望の日時をガス会社に連絡し立会日・時間を決めておく
  • 電話連絡をする際の内容をメモしておく

当日立ち合いの必要性

利用開始(開栓)手続きの際、ガス会社が行う安全点検に立ち会う必要があります。中にはこの立ち会いが本当に必要なのか、疑問に思われている方もいるでしょう。しかし、ガスは危険物です。開栓をする際には必ず保安点検を実施しなけらばならないという法律があるのです。ガス会社との無用なトラブルを避けるためにも、は極めて重要です。開栓時の安全点検をせずにガスを開栓する業者がいた場合は、逆にそのガス会社の信用性を疑った方が良いですね。立ち会いの重要性当日立ち会いの流れから確認していきましょう。

まずは入居当日の流れですが、事前に準備するものとしては「印鑑」、保証金の預かりがある場合は「預かり保証金の相当額」、自動振替(口座振替)利用の場合は「口座番号を確認できるものと届出印」が必要となります。そして、ガス開栓作業を行い、ガス開栓後の法定点検(室内点検もあり)、注意事項やガス料金の決済方法の説明、といった流れで進んでいくのが一般的です。
ガス開栓 立ち合い
立ち会い時は、以下の点に注意しましょう。

  • ガス会社の社員証を確認すること
  • 契約内容をしっかりと確認すること
  • 預かり保証金の有無を確認すること

預かり保証金が発生する場合は、保証金の金額と預かり証が発行されるかどうか必ず確認しておきましょう。預かり保証金の場合には、転居時の立会い精算時に返却されるのが通例です。また、自動振替を利用する場合は、口座振替用紙への記入が必要になります。中には、クレジットカード決済が可能なガス会社もありますので決済方法を事前に確認しておくと手続きもスムーズになるので把握しておきましょう。

当日立ち会いは、主にこのような流れで進んでいくわけですが、実際に立ち会いをして「契約内容の確認」をしなければ、それぞれの認識が一致せずに契約まで進んでしまう可能性があります。安全確認に立ち会うことで、気になる点や疑問点があった場合でも確認できるので、重要だと言えますね。ガス会社との無用なトラブルを避けるためにも、当日立ち会いの際には契約内容をしっかりと確認するようにしてください。

プロパンガス会社との契約を解約する際の注意点

プロパンガス会社との契約を解約する場合の流れ、注意点について見ていきましょう。
プロパンガス会社との契約を解約する場合というのは、主に家の売却や建替え、ガス会社のお乗り換えなどがあります。新しいガス会社と契約をする場合は、必ず解約希望日の一週間前までに電話もしくは文書で現在契約中のガス会社に通知をしなければなりません。

ここで問題になるのは、売却や建替えの場合ではなくガス会社のお乗り換えをする場合です。ガス会社をお乗り換えする際は「一週間ルール」というものが存在するので、そのルールに沿って適正に対処する必要があるのです。「一週間ルール」というのは、「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(液石法)施行規則」第十六条十五の三で定められているもので、「新しいガス会社と契約して現在のガス会社との契約を解除したい場合、新しいガス会社は今設置されているガスボンベ等を『相当期間』のあいだは撤去できない」とされています。

その『相当期間』が概ね一週間とされているため、ガス会社への解約の申入れも一週間前までに行うことが必要になります。
プロパンガス解約 電話
※お乗り換えの場合は、面倒な段取りや手続きは引受先のガス会社がサポートしてくれるので心配いりません。

また、プロパンガスを解約したいとを申入れすると「ガス代を安くしますので」や「お客様だけに特別なプランをご案内します」などお客様の契約を継続してもらおうと様々な提案をしてくるでしょう。このような時は、『新しいガス会社におまかせしています』ときっぱり断るのが賢明です。
又、ガス会社のお乗り換えを行うための解約だけでなく売却や建替えなどの理由で解約する場合でも、設備の撤去費用や違約金などが請求される場合もありますので、事前に確認しておくと安心ですね。

心配な場合は、電話ではなく郵便で記録が残る「内容証明郵便」で連絡を行うようにすると良いでしょう。既存のガス会社は、お客様の意思に基づき解約の手続きを進めるしかなくなります。

電話によるカスタマーセンターの品質

電話受付を利用したガス会社のサポートや緊急時の対応について

プロパンガス カスタマーサポート
安心してガスを使いたいと考えている人にとって、ガス会社のサポートや緊急時の対応は極めて重要なポイントとなるでしょう。そのため、ガス会社がしっかりとサポートしてくれるかどうかも事前に確認しておくようにしてください。

特に、「アフターサポート」や「緊急時サポート」は必須と言えます。アフターサポートは、契約完了後も気になる点や分からない点について相談に乗ってくれるというもの。緊急時サポートは、24時間365日電話で対応してもらえるというものです。緊急時サポートの場合、緊急なのですぐに電話がつながらなくては意味がありません。そのため、「電話のつながりやすさ」も確認しておく必要があるでしょう。

また、ホームページ上に「自分でできる対処法」などが記載されている会社もありますので、その点もチェックしておくようにしてください。そして、会社によってはトラブル時の対応が有料な場合もありますので、しっかりと確認しておきましょう。

こういった「電話サポートの営業時間」「電話のつながりやすさ」などを踏まえた上で、トラブル発生時にも丁寧に対応してもらえるガス会社を選んでいくことをおすすめします。

ガス料金の公表で信頼性アップ!優良プロパンガス会社を選ぶポイントを紹介

プロパンガス会社 選ぶポイント
プロパンガス会社を選ぶ場合、当然優良ガス会社を選ぶに越したことはありません。では、優良プロパンガス会社を選ぶには、どのようなポイントに注目すれば良いのでしょうか。注目すべきポイントとして挙げられるのは、以下の4点です。

  • 料金が透明化されているか
  • 料金の変動があった際にしっかりと説明してくれるか
  • 契約内容が明確化されているか
  • サポート体制が充実しているか

1. 料金が透明化されているか

基本料金とガスの使用量によって請求されるものを従量料金というのですが、この従量料金を公表している企業は「信頼できる企業」と考えて良いでしょう。

2.料金の変動があった際にしっかりと説明してくれるか

料金の変動があった際に、しっかりと説明をしてくれる会社であるかどうかも重要なポイントです。料金の値下げ、値上げがあったときに、「なぜ料金が変わったのか」という理由を話してくれる会社は、信頼できる企業と言えるでしょう。

3.契約内容が明確化されているか

契約書に、解約時に関する明記があるかどうかも重要なポイントです。特に、設備の所有権などは解約時のトラブルになりやすいポイントですので、この点に関して明記されているかどうかも、しっかりと確認しておきましょう。

4.サポート体制が充実しているか

24時間体制で緊急時サポートを受け付けているか、安全システムが整っているかどうかも重要なポイントです。万が一の事故を防ぐためにも、サポート面が充実しているガス会社を選ぶようにしましょう。

まとめ


引越しの際のプロパンガス利用停止手続き、利用開始手続きの方法や注意点などをご紹介させていただきました。プロパンガスの閉栓・開栓は日程に余裕を持って事前に電話で連絡をしておきましょう。手続きの際は、以下の点に注意するようにしてください。

  • 引越しに1週間前までにはガス会社に転居を伝え立会い日時を決めましょう
  • 閉栓・開栓希望の日時をガス会社に連絡し立会日・時間を決めておく
  • 電話連絡をする際の内容をメモしておく

新居での新しいスタートのためにも優良なプロパンガス会社を選んで契約したいですね。契約内容や、ガス料金、カスタマーセンターの品質等をしっかりと確認し見極める必要があります。24時間体制で緊急時サポートが受けられ、安全管理がきちんと行われている会社だと安心ですね。今回の記事を参考に、優良なプロパンガス会社を選ぶための参考にしていただければ幸いです。
ガスリサーチでは、今回の記事以外にもガス会社のお乗り換え実例や節約に関すること、ガス業界のニュースなどをご紹介しています。そちらも是非ご覧ください。