この記事は約7分で読めます

電気および都市ガスの自由化に伴い、ご自宅のプロパンガス料金を意識する方が増えてきました。契約しているプロパンガス会社・業者を変更する際、まず頭に浮かぶのが「損しない方法・選び方」ではないでしょうか。

ガス会社との契約でよくある失敗は「契約書に解約金の条件について書かれているのを見逃していた」というケースです。解約申請を行った後は解約金を支払わざるを得ず、想定外の損につながる場合があるので注意しましょう。

このような失敗をしないためには、プロパンガスの契約において注意すべきポイントを正しく知っておく必要があります。

ここでは、「プロパンガスを契約する際の注意点」「信頼できるガス会社の選び方」を詳しく解説します。契約で見落としがちなミスをなくして、信頼できるプロパンガス会社を選んでいきましょう!

新規でプロパンガスを契約するときの注意点は、料金プラン、解約・違約金、故障などのサポート範囲

これからプロパンガスの契約を検討しているなら、まずはプロパンガスの相場価格を知りましょう

料金プランの確認ポイントは相場価格を知ること

「プロパンガスを相場価格以上で契約したくない」という思いは全てのプロパンガス消費者に当てはまりますが、相場価格を知らないままではガス会社が定める料金を比較検討できません。

そこで、プロパンガスの相場価格を知る上で重要なポイントを以下にまとめました。

プロパンガスはガソリン同様に自由料金
プロパンガスの料金は、以前から自由料金制で、ガス会社が自由に料金を設定しています。電気・都市ガスなどの公共料金が自由化されたことにより、消費者は地域以外のガス会社と契約できる選択肢が生まれ、利益の保護、安全を確保できるようになりました。

しかし、自分が住むエリアの相場価格を知っておかなければ、優良なガス会社を見極めることが難しくなってしまうので注意してください。
また、地域以外のガス会社と自由に契約できるといっても、保安等の条件をクリアできなければ地域外の遠方業者とは原則として供給の契約ができません。

基本料金と従量単価について
プロパンガス料金は、二部料金制という料金制度を用いて決定・請求されることが一般的です。
二部料金制とは、基本料金と従量料金からなる料金をいい、金額は以下のように計算されます。

ガス代(二部料金制の場合)
ガス代=基本料金+従量料金

従量料金
従量料金=従量単価×使用量(㎥)

従量単価とはプロパンガス1㎥当たりの料金をいい、金額はガス会社によって自由に定められています。そのため、従量単価が相場価格以上なら料金設定が高いガス会社と判断できるでしょう。

二部料金制

地域相場価格について

地域相場価格
全国のプロパンガスの相場価格(全国平均価格)は、石油情報センターが提供する2017年10月のデータによると、20㎥使用時12,916円(基本料金を含む)です。
しかし、北海道などガス料金が割高なエリアでは20㎥使用時の相場価格(平均価格)が16,453円(基本料金を含む)となり、全国平均と比較して大きな差が見られます。

このように、プロパンガス料金は地域によって相場価格が異なるため注意しましょう。
特に、地域相場価格よりも高い基本料金や従量単価を設定しているガス会社には注意が必要です。

そのほか、プロパンガス会社選びや料金比較においては、お住まいが戸建住宅なのか、アパートなどの賃貸住宅なのかによっても、押さえるべきポイントが異なります。

以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

新築を建てる時のプロパンガス(LPガス)会社選び
プロパンガスの賃貸にお住いの方注目 プロパンガス料金の相場価格と大家さんへの交渉

不動産会社や大家さんとの関係についてこの機会に理解を深め、自分に合った優良なガス会社を見極めましょう。

プロパンガス会社の料金プランを比較する際は相場価格に目を向けることが何より大切ですが、注意するべきポイントはまだまだあります。
そこで、次の項では気になる解約金・違約金について詳しく見ていきましょう!

解約・違約金の確認ポイントは解約金の有無

プロパンガスの契約において、料金以外にも注意しておきたいことは解約金・違約金の有無です。

消費者は自由にガス会社を決められる反面、近年では解約金などの契約条件をめぐったトラブルが目立つようになりました。
解約時のトラブルを未然に防ぐためにも、解約金・違約金に関する注意点を知りましょう。

契約書の内容を確認する

解約金・違約金
契約書に複数年契約の記載があると、現在の契約を解約する際に違約金がかかる場合があるので注意しましょう。ただし、契約時に口頭で説明を受けていない場合は交渉の余地があります。

無償貸与

給湯器などの無償貸与

複数年契約による解約金がかからなかったとしても、無償貸与された機器の料金が請求されてしまうケースがあります。

無償貸与とは契約時に給湯器などの機器をリースしてもらうことをいいますが、あくまで機器の導入・設置・使用開始に料金がかからないだけで、機器代は毎月のガス代に上乗せされている場合が多いので注意してください。解約時に未回収分の機器代をまとめて回収するガス会社も多いようです。

契約書の内容・口頭説明がポイント
ガス会社を乗り換える場合、「契約書に解約金・違約金についての記載があるか」「口頭での説明があるか」を改めて確認しましょう。

万が一、解約金・違約金がかかってしまう場合は、新しく契約するガス会社や仲介業者へ相談することで問題解決できる場合(解約に必要な費用を負担してもらえるなど)もあります。

契約書の内容は読み飛ばしてしまう方も多いかもしれませんが、解約時に不利益を被らないためにも、今後は契約書に記載されている内容や口頭での説明にしっかりと意識を向けていきましょう。

違約金のトラブル対処方法について理解できたら、万が一故障してしまったときのサポート範囲についても確認しておくと安心です。

ガスは生活に欠かせないライフラインでもあるため、「サポート範囲はどうなっているの?」「サポート体制はしっかりしているの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。

故障などのサポート範囲の確認ポイントは責任の分岐点

契約時に注意したいサポート内容についてまとめました。

トラブル・故障

責任の分岐点
トラブルや故障があったとき、消費者とガス会社、どちらの責任になるのかを知っておくことは安心安全にガスを使っていくためにも欠かせません。

責任がどのように定められているかは主に契約書で確認できます。多くの場合、室外にあるもの(プロパンガスの容器、ガスメーター、ガス容器とガスメーターをつなぐ供給管など)は全てプロパンガス販売店側の所有になっています。

24時間365日対応
非常時に24時間365日で対応してくれているガス会社は、いざというときの安心感が高いでしょう。

また、緊急時、自分自身でできる対処法について、WEBサイトなどに明記してくれているガス会社や仲介業者も信頼がおけると言えます。

その他、プロパンガスにまつわるトラブルには「ガス警報器が鳴った」「ガスが出ない」「地震が発生した」などさまざまなケースがありますが、万が一の事態に備えて緊急時の対処法を確認しておくことがおすすめです。

ここまでで、
・相場価格を知る
・解約金の有無を確認する
・サポート内容を確認する

という、契約時に大切な注意ポイントをお伝えしました。
上記を踏まえて、次の項では本当に信頼できるガス会社の見分け方を紹介します!

信頼できるプロパンガスの会社とは?信頼できるプロパンガスの3つの基準について

ガス会社の信頼度を比較したいときは、プロパンガス初心者へ向けてどれほど丁寧な説明をしてくれるかが一つの判断基準となります。

【基準1】プロが分かりやすく丁寧に説明してくれる

プロパンガスを新しく契約するとき、専門的な知識を持ったプロのスタッフが応対してくれる場合がほとんどですが、プロパンガスに詳しくない消費者に対して、分かりやすい説明を心がけてくれるガス会社は信頼できると言えるでしょう。

また、契約~使用~解約などの一連の流れを漏れなく説明してくれるガス会社は、高い信頼がおけます。特に、以下の内容を交えて説明してくれるかどうかが重要です。

緊急時のサポート体制についての説明

緊急時のサポート体制についての説明
トラブルが起きたときの連絡先や対応速度についての説明をしてくれることが理想的です。

プロパンガスの料金体系についての説明

プロパンガスの料金体系についての説明
ガス料金の変動の有無や、その理由を詳しく説明してもらえるかどうかに注目しましょう。特に注意しておきたいのは、極端に安いガス料金を提示するガス会社や、絶対にガス料金が変動しないと断言するガス会社です。

プロパンガスの料金は原料である石油の原油価格に依存するため、常に安いことや変動しないことはあり得ません。
このようなことから、ガス料金がどのような理由でどのようなときに変動するのかを、丁寧に説明してくれるガス会社は信頼できると言えるでしょう。

無償貸与契約についての説明


無償貸与契約は、ガス配管や給湯設備の設置などを無償で行ってもらえる半面、毎月のガス代に初期設備費用が上乗せされて継続的に高いガス料金がかかってしまう場合があります。

また、解約時に未回収分の初期設備費用を請求されてしまうケースもあるため、契約の際は、解約時の条件についても事前に詳しい説明をしてもらうことが大切です。

無償貸与契約は導入時のメリットによって多くの方が契約してしまいがちですが、デメリットもあるため注意しましょう。ガス代に設備費が上乗せされている仕組みについて理解を深め、失敗のないプロパンガス契約を結んでください。

そのほか、信頼のおけるガス会社を見極めるには相場価格に則った料金設定がされているかなど、価格面での比較も欠かせません。次の項では価格面の比較で大切なポイントを押さえて、プロパンガス会社の比較検討に役立てていきましょう!

【基準2】相場価格での提供が継続される

どんなに丁寧な対応でサポートが充実していても、価格面で信頼できなければ長期的に契約を結ぼうという気にはなれません。そこで、価格面で信頼できるガス会社を見極めるためのポイントを紹介します。

料金設定について

信頼できるガス会社かどうかを確認するための項目
・料金変更の可能性があることを含めて、料金設定を“透明化”している
・原油の価格変動に応じて値上げ・値下げを行い、“相場価格” で提供している
・解約金を含めた“無償貸与の条件”について明記している
・“配管設備の所有権”が消費者・ガス販売店のどちらにあるか明確にし、“費用負担の有無”を明記している

中でも、原油の価格変動に応じた値上げ・値下げを行いながら“相場価格”で提供を継続するガス会社は、価格面で非常に信頼できるガス会社と言えます。

プロパンガスは都市ガスやオール電化の住宅と比較して“割高なイメージ”が強いですが、“相場価格”を維持するガス会社を選ぶことでガスをお得に使用することが可能です。

では、ガス料金の変更・変動があったとき、ガス会社からはどのような対応をしてもらうのが望ましいのでしょうか。信頼できるガス会社の特徴を見ていきましょう!

【基準3】料金変更の際には事前通知あり

料金変更時

ガス料金に変更があったとき、必ず事前に連絡をしてくれるガス会社は信頼できます

相場価格で提供するガス会社が信頼できることには変わりありませんが、変動があった際には変動前後の料金や理由を事前に説明してくれるのも信頼の証しといえるでしょう。

このようなことから、以下の3つの基準に当てはまるガス会社は、消費者にとって安心で信頼できるガス会社だと言えます。

基準1…プロが丁寧な説明をしてくれる
基準2…相場価格での提供を継続している
基準3…料金の変更は事前に通知してくれる

ガス会社の比較ポイントについて理解できたら、次に確認しておくべきポイントは契約~導入までの手順です。初めてプロパンガスを使用する方もこの機会に具体的な流れを把握して、契約~導入までをスムーズに完了させましょう!

プロパンガス導入費用は無料?契約~導入までの3ステップ

プロパンガスの契約をする際は、まず見積もりを取得するよう心がけましょう

ステップ1 知らないと損?見積書取得・契約

なぜなら、自由料金であるプロパンガスはガス会社によって料金に大きく差があるためです。
また、住んでいる地域が異なれば地域相場(=住んでいる地域にあるガス会社の平均価格)も変わってきます。

後から「他のガス会社のほうが安かった…」と後悔しないよう注意してください。

料金を比較する際は、全国平均価格だけでなく、地域相場を参考にすることがおすすめです。
そのほか、契約前は前述の通り、プロが分かりやすく丁寧に説明してくれるかどうかも忘れてはいけません。

緊急時のサポート体制についての説明
プロパンガスの料金体系についての説明
無償貸与契約についての説明

この3点がしっかり説明されているかどうか、意識を向けておきましょう。

お客様にベストマッチ&ベストプライスな会社を厳選しご紹介。納得できる会社と契約したら、次はいよいよ工事・設置後の安全点検となります!

ステップ2 工期は?立会いは必要?工事や設置方法の工程

共働き世帯が増加する昨今、ガス会社の変更に当たって工期や立ち会いの有無を気にする方は多いのではないでしょうか?

ガス会社の乗り換えを行うときは、設置後の確認作業を行うため立ち会いが必要です。ただし、工事時間は1時間前後と比較的スムーズに完了します。

主な工事内容は、それまで使用していた設備の撤去新しいガス会社が所有する設備を設置することの2つです。

撤去される設備にはガスボンベ、ガスメーター、圧力調整器、配管などがありますが、いずれも原則、元のプロパンガス会社に返却される前提で設備の交換が行われます。新しい設備が設置され安全点検後に、ガスを使用できる状態になれば、プロパンガス会社の乗り換えは完了です。

ステップ2

ステップ3 メンテナンスは必要?プロパンガスの運用

ガスボンベを設置する必要があるプロパンガスですから、使用していく上でメンテナンスの手間を気にする方は多いでしょう。

そこで、普段のメンテナンスやトラブルに対して、理想的なガス会社のサポート体制について分かりやすくまとめました。

24時間365日対応は可能か
緊急時に素早く対応するサポート体制が整っているかどうかは、プロパンガスを安心して使用していく上で欠かせません。

支払いの方法について柔軟に対応しているか
口座振替、クレジットカード、など豊富な支払い方法に対応していることが望ましいでしょう。また、再振替の実施や対応しているクレジットカードブランドが多いほど、優れたサポート体制だと判断できます。

利用停止時の窓口、期間は明確になっているか
引越しや長期不在などによりプロパンガスの利用を停止する際は、あらかじめガス会社へ連絡をする必要があります。

そのため、利用停止時の窓口や連絡をしなければいけない期間が明記されているか事前に確認しましょう。分かりやすく明記・説明しているガス会社ほど、使用者にとって親切なガス会社だと判断できます。

ステップ3 - メンテナンス体制と サポート体制の事前確認

まとめ

新規でプロパンガスを契約するときは、大切な3つの注意点「料金プラン」「解約・違約金」「故障などのサポート範囲」に目を向けてみましょう。

また、信頼できるプロパンガス会社を比較検討するには、「丁寧な説明」「相場価格での提供」「料金変更の事前通知あり」の3点を意識することでリスクを大幅に減らせます。

プロパンガス会社の切り替え・変更に面倒な手間がかかることを想像する方も多いかもしれませんが、契約~導入までの手順は、

1.見積書取得・契約
2.工事・設置
3.メンテナンス・運用(メンテナンスはガス会社が担当)
と、簡単な3つのステップで完了します。

今よりも優良なガス会社を探しているなら、まずはガス料金の診断から始めてみましょう。
ガスリサーチでは、現在契約しているガス会社よりもお得な価格を継続しているガス会社を無料で紹介しています。