この記事は約9分で読めます

プロパンガスと都市ガスのガスコンロの種類が違うことを知っていますか?
ここでは、「都市ガスからプロパンガスに変わったら、持っているガスコンロは使えないの?」「買い替えが必要なの?」といった引っ越しの際によくある疑問を解決していきましょう。
ガスコンロの選び方や安全な設置方法・使用方法を知ることは、自分や家族の安全を守るためにも欠かせません。おすすめのガスコンロメーカーも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

プロパンガスと都市ガスでガスコンロって違うの?使い回すことはできるの?

引っ越し時に注意!ガスコンロにはプロパンガス用と都市ガス用がある

実は、ガスの種類によって選ぶガスコンロの種類が異なります。プロパンガスと都市ガスでは成分が違い、燃焼に必要な酸素の量も異なります。そのため、ガスを安全に使用するにはガスの種類に合わせたガスコンロを選ぶことが何より大切です。

ガスコンロは2種類ある

ガスコンロにはプロパンガス用・都市ガス用の2種類があります。
プロパンガス用のガスコンロは、自宅で使うガスがプロパンガスなら国内のどこへ引っ越ししても買い替えずに使用可能です。これは、プロパンガスの成分が全国でほぼ変わらず、コンロの種類を問わないためです。

一方、都市ガス用のガスコンロは、住んでいる地域によっては買い替えをしなければいけません。
プロパンガスとは異なり、都市ガスは供給会社や地域によってガスの原料・発熱量が異なるのが特徴です。
そのため、引っ越しやリフォームなどでプロパンガスと都市ガスを切り替える際や、引き続き都市ガスを使う際はガスコンロの見直しが必要です。

また、ガスの種類に合わないガスコンロを使用することは大変危険です。すぐに使用を中止しましょう!!
知らずに不適切なガスコンロを使用すると、

  • 一酸化炭素中毒
  • 燃焼不良によるガス料金の高騰
  • 過燃焼による火災

などのトラブルを招く危険性があります。

自宅で使用している(もしくは今後利用予定の)ガスの種類が分からない場合は、以下の特徴を参考に判断してください。

プロパンガス使用住宅の特徴

  • 住宅の周りにガスボンベが設置されている
  • 室内のガス警報器が床近くに設置されている

プロパンガス使用住宅の特徴

都市ガス使用住宅の特徴

  • 住宅の周りにガスボンベが見当たらない
  • 室内のガス警報器が天井近くに設置されている

都市ガス使用住宅の特徴

使用ガスの種類は本体のシールに書かれています

使用するガスに合ったガスコンロを選ぶには、コンロ本体に貼られたシールを確認します。
見分け方はとても簡単で、

  • LP、LPGなどと書かれたシールならプロパンガス用コンロ
  • 12A、13Aなどと書かれたシールなら都市ガス用コンロ

と認識できます。

ガスコンロ、LP、LPG、プロパンガス、12A、13A、都市ガス、確認、シール

12A・13Aは代表的な都市ガスの種類です。

都市ガス用コンロを使用する場合は、住んでいる地域の都市ガスに適しているか事前に供給会社へ確認しましょう。(12A・13A・6C・L1・L2・L3・5Cの7種類)

ガスコンロはプロパンガス用を都市ガス用に、都市ガス用をプロパンガス用に改造できる

使用するガスの種類に応じてガスコンロの買い替えが必要となったときは、カロリー変換(以下、改造)を行うことでガスコンロを買い替えずに済みます。

ガスコンロの改造とは、部品交換をすることにより異なる種類のガスに対応させることを指します。
改造するには、ガスコンロを取り扱うメーカーや取引しているガス事業者へ依頼するのが一般的です。
依頼するコンロによっても金額が異なりますが、平均的な料金としては合計10,000円以内で収まるケースが多くなっています。

ただし、改造に必要な部品の取り扱いがない機種もあるので注意してください。
また、改造には7日間程度メーカーへ預けなければいけない場合があります。機種を事前に確認し、ガス事業者やメーカーへ正しく伝えましょう。
また、改造した場合に保証がなくなる場合もございますので、事前にガス事業者やメーカーに確認を取りましょう。

ガスコンロの改造と買い替えどっちが安い?改造の方が安く済むことも

ガスコンロは新品で購入すると10,000~60,000円ほどの費用が必要です。そこで賢く活用できるのが、ガスコンロの改造です。

ガスコンロの改造は10,000円ほどで済むため、買い換えよりも費用を安く抑えられる可能性があります。機能やデザインなどによって新品の購入費用は前後しますが、「できるかぎり費用を抑えたい」と考えている方は改造を検討してみましょう。
また、使用中のガスコンロを気に入っていたり、機能性に優れているなら買い替えよりも改造がお得といえます。

ちなみに、改造にかかる費用の内訳は以下の通りです。

  • 部品代…2,000円前後
  • 改造費…5,000円前後

改造費用はメーカーやガス事業者によっても異なるため、事前に料金について問い合わせてみましょう。
中には、出張訪問費として5,000円前後の料金を加算される場合もあるので注意してください。

高額な改造費用がかかってしまいそうな場合は、中古での購入という選択肢もあります。
ただし、中古品は本体の保証期間や寿命が短く、長期間の使用にはやや不向きです。

「そもそもガスコンロを持っていなくて新しく購入する」「古くなったので買い替える」と考えている方は、次でガスコンロの選び方について見ていきましょう。

ガスコンロを購入する前に確認することは?選び方のポイントは?

ガスコンロには大きく分けてテーブルコンロとビルトインコンロがあります。選び方や設置方法をよく比較検討し、自宅に適したガスコンロを選ぶようにしましょう。

購入する前に確認することは、設置サイズとガスの種類、強火の位置

ガスコンロ選びの基本は、「サイズ(横幅)」「ガスの種類」「バーナーの位置」の3つを確認することです。

ガスコンロ選び、サイズ、ガスの種類、バーナーの位置

サイズ

ガスコンロには「標準60cmタイプ」と「コンパクト56cmタイプ」の2タイプがあり、ガスコンロ置き場の広さによって置ける機種に限りがあります。
サイズはそれぞれガスコンロの横幅を指しており、標準60cmタイプには59cm前後のコンロも含まれます(メーカーによってわずかな違いがあり、mm単位で異なる)。

このようなことから、ガスコンロを選ぶ際は事前にガスコンロ置き場のサイズを測っておきましょう。
戸建てや賃貸を問わず、中にはガスコンロ置き場の横幅・奥行きが決まっている場合もあるので注意してください。

ガスの種類

ガスコンロは、使用するガスの種類(プロパンガスなのか、都市ガスなのか)で選ぶ機種が変わります。
これは、プロパンガスと都市ガスでは成分や燃焼に必要な酸素の量が異なるためです。

ガスの種類に適していないガスコンロを使用することは大きな事故を招く危険性もあるため、購入前の確認を怠らないようにしましょう。
ガスコンロを見分けるには、本体に貼られたシールでLP、LPG(プロパンガス用)や12A、13A(都市ガス用)の記載を確認してください。

バーナーの位置

ガスコンロには、強火力バーナーと標準バーナーが1つずつ設置されているのが一般的です。
ガスコンロを選ぶ際は壁側に強火力バーナーが搭載されていないものを選ぶよう気をつけましょう。壁側に強火力バーナーが搭載されたガスコンロは、壁紙を傷めたり火災を起こす原因となります。

選び方のポイントは、使用する時のことを想像しよう

より長く使えるガスコンロを選ぶには、使用するシーンに合わせてスペック(仕様)を比較検討していくのが大切です。

天板の素材

天板の素材・材質には大きく分けてガラストップ、ガラスコート、ホーロー、アルミなどがあります。それぞれの特徴を◎(非常に優れている)、〇(優れている)、△(あまり優れていない)の3段階で評価していますので、参考にしてみましょう。

ガラストップガラスコートホーローアルミトップ
耐久性
耐熱性
錆にくさ
割れにくさ
見た目の美しさ
手入れの簡単さ
コストパフォーマンス

 

コンロデザイン

デザインはメーカーや商品によって異なります。つまみやボタンの形状、カラーなどをよく比較検討し、キッチンのインテリアデザインに合わせて選びましょう。

グリル機能

魚焼きグリルには「片面焼き」と「両面焼き」があります。片面焼きでは焼き上がるまでに時間がかかり、ひっくり返す手間があります。
両面焼きでは、短時間調理が可能でひっくり返す手間がなく、水無しで調理できる特徴があります。

汁受け皿の有無

汁受け皿があるガスコンロは煮こぼれに強い反面、手入れにやや工夫が必要です。
汁受け皿がないガスコンロは隙間をなくしているため煮こぼれしても、中に入りにくい構造となっているのでお手入れが楽な点が特徴です。

さまざまな機能

全てのガスコンロにSiセンサーが搭載されています。鍋底やトッププレートの温度をセンサーで感知して最適な火力に調節する「温度自動調節機能」や、自動消火や自動ガス停止を行う「安全機能」を確認し、必要な機能を重視して選んでみましょう。

おすすめ主要メーカー3社の特徴と比較

ガスコンロ選びで知っておきたい、三大メーカーの特徴を紹介します。

リンナイ(Rinnai)

ガス機器で高いシェア率を誇る国内最大メーカー

国内で圧倒的な人気があります。主にテーブルコンロ(据え置きタイプ)のガスコンロラインナップが豊富で、「ヒートオフ機能(温度上昇抑制)」「スーパーシールド(汁受け皿レス)」「オートグリル」「全口センサー搭載Siセンサーコンロ」などの独自技術による機能が魅力です。

ノーリツ(NORITZ)

ビルトインコンロを初めて開発した高技術メーカー

リンナイに次ぐ人気の高さで、国内で高いシェア率を誇ります。ビルトインコンロや両面焼きグリルはノーリツの独自開発により世に普及しました。
技術開発に優れデザイン性も高いため、最新機能にこだわる方へおすすめのメーカーです。

パロマ(Paloma)

海外を中心に高いシェア率を誇る老舗メーカー

ハイパーガラスコート素材のトッププレートを採用したガスコンロが人気で、リンナイ、ノーリツに次ぐシェア率を誇ります。
操業年数が長いため安全面や省エネ性能に多くの改良が施され、「さらに安心モード(コンロ・グリル消し忘れ消火機能)」「フレームトラップ機能(火災防止)」「ぐるりんぱ(グリルの火傷防止)」「エコフラットバーナー」などの機能が魅力です。

キャンプに活躍!業務用ガスコンロのレンタル

近年では、業務用ガスコンロのレンタルに注目が集まっています。キャンプやバーベキューといったアウトドアや模擬店などの各種イベントでは、ガスコンロをレンタルすることで手間なく快適な屋外調理が可能です。
必要なときに気軽に利用でき、管理やメンテナンスの手間もかからないため、お祭りや災害時に重宝されています。
レンタルできる業務用ガスコンロには、以下のようなものがあります。

模擬店用品(たこ焼き、焼き鳥、焼きそば、お好み焼き、豚汁、カレー、おでんなど)

2泊3日で6,000~13,200円(税抜き)

2重コンロ/3重コンロ

1週間レンタルで4,000~10,000円(税抜き)

ガスコンロの安全な設置方法・よくある故障について

設置は業者に頼むしかないの?テーブルコンロなら自分で設置可能

ガスコンロを買い替えた際、テーブルコンロなら自分で設置することが可能です。設置ではガスホースを接続し、ホースバンドで2ヶ所固定しガスコンロ本体をガステーブル台に置くだけと簡単です。
ガス栓には、ホースエンド型(ホースを直接接続するタイプ)とコンセント型(ホースにソケットを取り付けるタイプ)の2種類があります。
ここでは、ホースエンド型の設置方法をご紹介しますので、以下を参考にしてください。

プロパンガス、LPガス、ホースエンド型、設置

  • 1)ガスコンロ裏側にあるホース取付け口にガスホースを差し込み、ホースバンドで固定する
  • 2)ホースを潰さないように気をつけながら、ガスコンロをガステーブル台に置く
  • 3)(1)で接続したホースをガス栓に繋ぎ、ホースバンドで固定する
  • 4)元栓を開いて設置完了

注意点)本体を持ち上げる際は男性に依頼するか複数人で行うなどして、落下などのトラブルを起こさないようにしてください。
また、ガスホースが長いと危険です。その場合はカッターやハサミでカットするなどして調整が必要です。本体サイズと元栓までの距離を事前に確認し、ホースが足りなくならないよう注意してください。

テーブルコンロの設置は難しくはありませんが、少しでも不安な人やガスコンロを持ち上げたりできない方は、無理をせず業者に依頼しましょう。ただし、別途、設置費用が発生する場合がありますので事前に確認しましょう。

また、ガスコンロの買い替えを検討する際、テーブルコンロとビルトインコンロで迷う方は多いのではないでしょうか?
ビルトインコンロは自分で設置・取り替えができないため、買い替え時や修理時は業者へ依頼しなければいけません。
長期的に手間なく使用していきたい方は、持ち運びにも便利なテーブルコンロを選んでみましょう。
テーブルコンロなら、家電量販店などの店舗やインターネットから購入して余計な手間なく使用を開始できます。

よくある故障とトラブル

ガスコンロでよくあるトラブルには以下のようなものがあります。簡単な対処方法と併せてご紹介します。

火がつかない

原因)点火時に使用する電池切れ
対処方法) 電池(マンガン乾電池ではなくアルカリ乾電池)の交換

*買い置きしたものは未使用でも自然放電し残量が少なくなっている可能性があるのでおすすめできません。

火が赤い

原因)バーナー部分の汚れによる不完全燃焼(鍋底などが黒くなったりします)
対処方法) バーナーの掃除

火が消える

原因)センサー機器の誤作動や故障
対処方法) コンロ部分の掃除

ガスコンロは古くなると交換部品生産が終了してしまうため、平均寿命は10年といわれています。
長く使用しているガスコンロに故障やトラブルが起きた場合は、寿命が過ぎているか否かで修理・買い替えを検討しましょう。寿命が近い場合は修理よりも買い替えをした方が、よりお得に使用していけるでしょう。

また、不要になったガスコンロは自治体の規定に従って粗大ゴミに出すか、不要品回収業者を利用して処分できます。まだ使える商品なら、リサイクルショップを利用すれば買い替え費用の足しにできるでしょう。

ガスコンロの寿命は長いですが、安全に長く使い続けるためにも、こまめな掃除と状態確認を定期的に行いましょう。

ガスコンロと IH どちらが便利?光熱費が安いのは?

ガスコンロ、IH、どっち、メリット、デメリット

引っ越しやリフォームの際、ガスコンロとIHで悩む方は多いのではないでしょうか?
ガスコンロとIHは一長一短で、使用する人によって感じ方もさまざまです。ガスコンロのガス代と IH の電気代を比較すると、導入コストはガスコンロが割安(機種にもよる)、ランニングコストは生活スタイルによって変動するといった結果が出ています。

また、ガスを選んだ場合はガスコンロの性能や契約するガス事業者によっても料金が異なります。IHについては、使用する時間帯によって電気代が変動するため、一概にガスより安いとはいいきれません。

このようなことから、ガスコンロとIHを比較して、「どちらがおすすめ」とはいいきれないのが現状です。それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、自分の使用・用途に合った設備を選んでみましょう。

ガスコンロのメリット・デメリット

メリット

  • 複数口で強火力調理ができる
  • 鍋を振りながら調理ができる
  • 調理器具選びに困らない
  • 停電時も使用可能
  • 時間帯による料金変動がない

デメリット

  • 火災やガス漏れによるトラブルの危険がある
  • 室内温度が大きく上昇する
  • 掃除やメンテナンスに手間がかかる

IH のメリット・デメリット

メリット

  • 熱伝導性に優れている
  • 火災やガス漏れの危険性が低く、安全
  • 室内温度に影響を与えない
  • 掃除やメンテナンスが楽

デメリット

  • 複数口で強火力調理ができない
  • 鍋を振りながら調理ができない
  • 使用できる調理器具に限りがある
  • 停電時に使用できない
  • 時間帯によって料金が変動する

【番外編】カセットコンロは安いの?

ガスコンロとIHのほか、カセットコンロという選択肢もあります。しかし、カセットコンロを使用するには別途ボンベの購入が必要で、頻繁に使用する場合はガスコンロやIHよりも割高となるので注意してください。
カセットコンロ用ボンベはホームセンターなどで購入でき、価格は「100分使用可能なボンベ×3本」で約300円です。これを毎日1本使用すると、1カ月では約3,000円のボンベ費用がかかります。

一方、ガスコンロでプロパンガスを毎日2時間(朝30分、昼30分、夕方1時間)使用した場合のガス料金は、1ヶ月1,700円前後が平均的です。
調理にかかるコストのみを比較すると、カセットコンロは日常使いに向かないため、特定の用途(食卓で鍋や焼き肉をする、屋外で調理する)以外での使用はおすすめできないといえるでしょう。

まとめ

最後に、重要ポイントを再度確認しましょう。

  • ガスコンロにはプロパンガス用と都市ガス用がある
  • ガスコンロは改造することで節約が可能
  • ガスコンロを購入する際は設置サイズ、ガスの種類、強火の位置を確認する
  • 使用シーンに合わせたコンロ選びが大切
  • 主要メーカーのリンナイ、ノーリツ、パロマや、レンタルコンロの特徴を知ってガスコンロ選びに活かそう
  • ガステーブルは自分で設置可能
  • 故障やトラブルが起きたら寿命に達していないか確認して修理・買い替えを検討しよう
  • ガスコンロとIHはメリット・デメリットを知って比較検討しよう
  • カセットコンロは使用頻度が極端に少ない人以外には向かない

ガスコンロの選び方や扱い方を正しく知って、安全かつお得に使用していきましょう。毎月のガス料金をよりお得にしていくには、契約しているガス事業者を見直してみるのが近道です。
ガスリサーチの見直し診断を一度試してみませんか?